いっしーの明るい社会の窓

ゆとり世代のマジキチブログ

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

f:id:issizzz:20190415194025j:plain

 

いっしーです 

映画好きの友人の勧めで「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」を見ました。

ベスト3に入る作品だから感想文を3000文字でよこせと言われたのでここに記します。

※重大なネタバレは控えています。ていうかストーリーを語るような語彙力が無い

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997)

監督:ガス・ヴァン・サント

脚本:マット・デイモン

   ベン・アフレック

天才並みの頭脳を持ちながら、幼児期のトラウマが原因で周囲に心を閉ざし非行に走る青年と、妻に先立たれ人生を見失った精神分析医との心の交流を描いた感動作。本作で脚本家デビューを飾ったマット・デイモンとベン・アフレックが見事にアカデミー脚本賞を獲得したことで話題に。また、孤独な精神分析医を演じたロビン・ウィリアムズも助演男優賞を獲得している。監督は「ドラッグストア・カウボーイ」の鬼才ガス・バン・サント。

映画.comより引用 

グッド・ウィル・ハンティング

めっちゃよかったです。

ヒューマン系の映画が好きな人ならベスト3に入るのも分かるクオリティ。

幼少期のトラウマから人と関わるのが怖い天才メンヘラマットデイモンと

死ぬほど愛した妻を失った傷心カウンセラーのロビン・ウィリアムズおじちゃんがお互いを認めながら徐々に心を開くヒューマンストーリー

制作のきっかけは、当時無名のマット・デイモンがハーバード大学在籍中に脚本を作って、親友のベン・アフレックに見せたのが始まりらしい。

映画の舞台もハーバード大学なんだけど、マット・デイモンとベン・アフレックがハーバード大学に在籍してたってマジ?ハーバード大学ってヤバい頭の良い所なんじゃないの?二人とも天才かよ・・・

ベン・アフレックも映画に出演してて、主人公ウィル(マットデイモン)の親友ポジとして登場します。地味にベン・アフレックの弟ケイシー・アフレックもいつもの悪ガキグループの一員として出演。あんまり出てこないけど

f:id:issizzz:20190415192938j:plain

左下がケイシー・アフレック 右上がベン・アフレック

登場人物の心情が非常に分かりやすく演出がされているので、ぼくのような理解力の乏しい人間でもシーンごとの意味を汲み取りやすかったです。名作と呼ばれる映画は誰が見ても分かりやすい演出が細かくされているなぁ~~~という感じ。

例えば、現役のハーバード生が本で読んだ知識を偉そうに語っている所にマットデイモンが割り込んで、更に圧倒的な知識量で相手を言い負かすシーンがあります。

f:id:issizzz:20190415193042j:plain

左の女性がヒロインのスカイラー(ミニー・ドライヴァー)

これは主人公の天才的な頭脳を見せつけるシーンなのですが、知識で理論武装して相手に自分の本心を知られるのが怖いという内情も表していると感じました。

こんな感じでセリフにはしないけどキャラの内面を表している描写が多くて、かつ分かりやすい演出がされています。見る側が考える余地が多い映画は繰り返し見ても新しい発見がありますよね。

 

個人的なグッド・ウィル・ハンティングの見どころは、若き日のマット・デイモンの演技だと思います。マット・デイモン本人が脚本して、本人が主人公ウィルを演じる。自分で描いたキャラクターだからこそ一番深く理解して演技しているのが分かります。

ネットの感想ではロビン・ウィリアムズが演じるカウンセラーとの掛け合いが心打たれるって目にするけど、初見ではマッドデイモンに圧倒されすぎてそっちまで目に入りませんでした。

f:id:issizzz:20190415193512p:plain

もちろんマッドデイモン以外の俳優たちも素晴らしいんだけど、本当に若き日のマット・デイモンが凄過ぎて・・・若いって言っても撮影当時は25~6歳。25.6!?映画の中では17~8くらいにしか見えなかったぞ・・・。

グッドウィルハンティング(1997)公開時で27歳、その1年後にプライベートライアン(1998)で28歳・・・!?めっちゃ若く見えるな・・・。それでプライベートライアンの3年後にオーシャンズ11(2001)その1年後にボーンアイデンティティ(2002)かよ。もう訳分かんねえ。親友のベンアフレックも色々やって最近はバッドマンのブルースウェインやってるし、天才達は何やっても1流ってことか・・・

f:id:issizzz:20190415193518j:plain

プライベートライアンは今でこそトム・ハンクスとマット・デイモンなんて主演クラスの大物2人かよ・・・!って思うけど、当時のマット・デイモンはこれから期待の新人って枠だったろうから、妥当って感じだよね。


グッド・ウィル・ハンティング印象的で好きなシーンは、主人公のウィルと才能を見出した教授ジェラルド・ランボー(ステラン・スカルスガルド)が一緒になって数式の問題を解いて、椅子に座った後教授がウィルの肩を抱いて誇らしげに背中で語るシーン。

あと、親友のチャッキー(ベン・アフレック)が飲み物を持参してウィルの家に寄って遊びに行くシーンです。マニアック過ぎてスマン。画像は見つけられんかった・・・

 

監督のガス・ヴァン・サントって知らないんだけど、他に何やった人なんだろう?

ガス・ヴァン・サント監督作品

マラノーチェ Malanoche (1985年)
ドラッグストア・カウボーイ Drugstore Cowboy (1989年)
マイ・プライベート・アイダホ My Own Private Idaho (1991年)
カウガール・ブルース Even Cowgirls Get the Blues (1993年)
誘う女 To Die For (1995年)
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち Good Will Hunting (1997年)
サイコ Psycho (1998年)
小説家を見つけたら Finding Forrester (2000年)
GERRY ジェリー Gerry (2002年)
エレファント Elephant (2003年)
ラストデイズ Last Days (2005年)
パリ、ジュテーム Paris, je t'aime (2006年) オムニバス映画
それぞれのシネマ To Each His Own Cinema (2007年) オムニバス映画
パラノイドパーク Paranoid Park (2007年)
ミルク Milk (2008年)
永遠の僕たち Restless (2011年)
プロミスト・ランド Promised Land (2012年)
追憶の森 The Sea of Trees (2016年)
ドント・ウォーリー Don't Worry, He Won't Get Far on Foot (2018年)

聞いたことのある作品がちらほら・・・ミルクってショーン・ペンのゲイのやつでしょ。サイコはヒッチコックのサイコ(1960)をリメイクしたやつっぽい。サイコにリメイクがあったことすら知らなかった。

レッチリやデヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョンのミュージックビデオを作ってるし、ビッグネームの俳優を起用した作品もあるから結構有名な人っぽい。後で何個か見てみようかな。

 

グッド・ウィル・ハンティングは誰が見ても「あの作品はいいよね」って答えるような万人受けする名作です。

性根が腐って根性が曲がっているぼくですら主人公ウィルが悩み、苦しんで正しい道を模索して進む様子は見ていてよかったです。よかった以上の何かが言いたいけど語彙力が無いので語れない。

若き日のマット・デイモンの演技だけでも見る価値があるので、週末暇で何もすることがない人は見た方がいい。そんな作品です。ていうか見ろ