いっしーの明るい社会の窓

ゆとり世代のマジキチブログ

元美容師が【業務委託】の美容室で働くメリット、デメリット解説するよ!

f:id:issizzz:20170314192244j:plain

 元美容師のいっしーです。

美容師の働き方は大きく分けて「会社に所属して、経営している美容室に配属される働き方」と「個人事業主として、業務委託の美容室と契約して仕事を引き受ける」この2種類あるのをご存知でしょうか?

一般的には会社に所属し店舗に配属されて働く形態がほとんどですね。この記事を読んでくれている美容師さんもそうだと思います。

美容師は朝早くから働いて夜遅くまで個人練習、もしくは後輩の指導でプライベートなんてほとんどありませんよね。拘束時間が長い割には給料も少なく、安定性に欠けるので、仕事内容が本当に好きじゃないとやってられません。

今では、業務委託の美容室と契約し、自分のプライベートな時間を確保しつつも美容師として働くやり方があります。フリーの美容師って自称してるのは大体コレです。

今回は「会社に所属した美容師」と「個人事業主としてフリーで働く美容師」この両方を経験したぼくから、美容師が業務委託のサロンで働くメリット・デメリットを解説いたします。

実際に業務委託のサロンで働いた経験を元に全部ぶっちゃけるので、働くお店を替えて自由な時間を増やしたい美容師さんや、業務委託のサロンに興味がある美容師さんに有益な情報をお伝えできると思います。

※全ての美容師が業務委託の美容室で働くことは推奨していません。あくまでも、ぼくが働いて感じたことを解説します。

業務委託の美容室って?

業務委託を簡単に説明すると「会社と契約を結んで業務を引き受ける」って感じです。

美容室を経営している会社に所属するのではなく、個人事業主として会社と契約して、そこで働きます。

個人で契約して働くと聞くと難しく感じますが、実際は

「働かせてください」

「OK、条件こんな感じだけどいい?」

「OKっす」

「んじゃサインして。よろしくね~」

こんな感じで緩く進みました。

業務委託の美容室で働く前提条件として、スタイリストである事が最低条件です。基本的には業務委託の美容室にアシスタントはいません。

美容師として、最初から最後まで1人でお客さんの要望に応えられる実力が必要です。

 

美容師が業務委託の美容室で働くメリット

ここでは、世間一般に言われる業務委託のメリットではなく、実際にぼくが業務委託の美容室で働いてみて良かったと感じたことをまとめます。

  • 出勤する日は自分で自由に決める
  • 朝起きる時間が遅くなる
  • 仕事内容は自分のことだけ
  • 休憩は自由
  • 人間関係が楽
  • 時給換算すると給料が倍
  • 練習、朝礼、終礼が無い

出勤する日は自分で自由に決める

業務委託の美容室は出勤する日を自分で自由に決めます。つまりいつでも好きな日に休めるという事ですね。美容師は休みが少なく、また希望した日で休める職業ではありません。特に土日祝日に休める美容室は少ないのではないでしょうか。

ぼくが一番初めに勤めていた会社は平日しか休みが取れませんでした。そのため、めっちゃ仲の良い友人の結婚式に参加出来なかったんですよね。

「仲の良い友人の結婚式に参加できないような働き方ってどうなんですか?」と上司にやんわり伝えましたが、帰ってきた返事は「みんな我慢してるから」でした。いやマジうっせーわ。

この仕事は友達との大切な場を犠牲にしてでもするべき仕事なのか・・・?と強く感じたのを覚えています。まぁやらなきゃいけない仕事ってのはありますけど、他の人でも替えが効くし、違う日にカバーできるような仕事内容だったので休ませてくれてもいいじゃんとは思いましたね。

他に引いたエピソードとしては、我が子の初めての運動会にすら参加できない上司がいたこと。お前の人生そんなんでいいんか・・・別に土日の片方を休んでも他で十分リカバリーできるでしょ。自分の子供の運動会くらい見に行けよ、パパなんだろ。まぁそれも「みんな我慢してる」で自分を納得させたんでしょうね。

 

業務委託の美容室の場合は、自分の好きなように休みを設定できるのでゴールデンウィークのような大型連休も普通に休めます。先輩スタッフはよく旅行に行ってましたね。

中には長期休暇として3ヵ月海外研修に行っているスタッフもいました。これは会社に所属している美容師からすると考えられません。その後普通に日本に戻って来て働いてました。

朝起きる時間が遅くなる

これはすごく個人的なことなんですけど、朝起きるのが苦手なんです。もうマジで布団から出られない呪いをかけられてるんです。

ていうか朝早くに全員で集合してみんなで掃除、それから営業って効率悪すぎなんですよ。なんでそんな拘束されなきゃいけないの。

業務委託の美容室はシフト制なので出勤時間がバラバラです。月曜日は昼から、火曜日は朝から。と変則的に出勤時間を調整できます。

シフトの分け方はお店によるので一概にお伝え出来ませんが、ぼくが働いたお店は「9:00~19:00」「11:00~21:00」「13:00~23:00」の3パターン。もしくは「9:00~18:00」と「13:00~21:00」の2パターンでした。大体1日の勤務時間が10時間目安の美容室が多いですね。

来客が多くなる13:00~から出勤して、遅くとも23:00には確実にお店を出れるので会社に所属していた時代よりも早く帰れました。

仕事内容は自分のことだけ

業務委託の美容室では、自分が担当しているお客さん以外を手伝うことはありません。同じ美容室の中でスタッフは働いていますが、あくまでも個人プレーです。

例えば、カラーを2人で塗ることはありませんし、ドライ(乾かす)も全て一人でおこないます。自分が担当しているお客さんに、他のスタッフが関与することは通常ありません。

あとは細かい事ですけど、手が空いているからといって他のスタッフがカットして床に落ちた髪の毛も掃除しませんね。自分のことだけをやればOKです。

稀にですが、お店が激混みして回らなくなった時にスタッフ同士でコミュニケーションをとってなんとなく連携することはあります。

これはメリットというよりも業務委託の特性ですね。他のスタッフのお手伝いをしても自分には一切お金が入って来ませんし、むしろ空気感を壊すので邪魔とされます。

休憩は自由

自分がやるべき仕事をやっていれば、空いた時間は自由です。薬剤を塗布した後の放置時間でスタバに行ってきても良いですし、お昼ご飯を買いに行ってもいいです。

喫煙者のスタッフは、カラー放置中に毎回タバコを吸いに行ってましたね。美容師って接客業なのに意外と喫煙率高いですよね。ぼくの周りだけ?

次に自分が担当するお客さんが来るまでは、お店の外で何をしていても平気です。空いた時間で買い物に行く人や、勉強の時間に当てている人が多かったです。

ぼくはよくカフェに行って時間を潰していました。暇で自分の順番が回ってこない日はボルダリングに行ったりしていました。流石にこれは極端な例だと思いますが。

人間関係が楽

スタッフ同士で連携を取らないので人間関係もドライです。同じ店舗に出勤はしますが、基本的に後輩と先輩の関係性はありません。

ここを勘違いするクソみたいな美容師も居ますけど、本来は年齢やお店に入った順番で上下関係は生まれません。同じ個人事業主ですし、ただの同業者という感覚で良いと思います。

人間関係は徐々に構築されていくと思いますが、基本的には利害関係にありません。技術を教えてもらうことも無いので、先輩というよりも同業者です。

年末の飲み会くらいはありますけど、全員参加的な暗黙の空気は全くありませんでした。来たい人だけおいでよ!2次会にも自由参加でした。

スタッフ同士の仲が悪い訳ではありませんよ!尊敬できる年上の人には出会えましたし、たまに仕事終わりに飲みに行ったり、営業中暇なときご飯を食べに行ってました。

時給換算すると給料が倍

これはぼく個人のケースでお話を進めます。会社に属している時代のスタイリストとしての時給を計算してみました。

(総支給)÷(出勤日数)=(1日の給料)

(1日の給料)÷(1日の拘束時間)=(あなたの時給)

少々乱暴な計算式ではありますが、これを会社に雇われている美容師の時の時給を計算します。もしよろしければ、あなたも自分の時給を計算して比較してみて下さい

美容師3年目でスタイリストとして働いていた時代

各種社会保険無しで総支給20万

営業、練習含めて拘束時間15時間

週休2日と仮定して、一ヵ月の出勤日数は22.5日(30日締めと31日締めがあるので間をとります)

 200,000(総支給)÷22.5(出勤日数)=8888(1日あたり給料)

8888(1日あたりの給料)÷15(1日の拘束時間)=593(美容師の時給)

会社に所属してスタイリストをやっていた時は1日8888円稼いで、時給は593円ということですね。

これは営業終わりの練習時間を含めるので正確とは言い難いですが、自分の時間を会社に強制的に拘束されていると感じたので今回は含みます。

この数値は美容師の給料としては平均、もしくは少し良い方ではないでしょうか?

もちろん多くのお客さんから支持されて、歩合を多く貰っている美容師はこれより増えますが、30歳以下の美容師は大体こんなもんだと思います。

 

業務委託の美容室は完全歩合制なので給料がその日によって変わります。23歳で業務委託でスタイリストをやっていた時は1日平均して10,000~12,000円位でした。

売り上げが良い日は18,000円の時もあれば、暇で遊んでばっかりの日は8000円の時もありました。これはその日の忙しさと自分の稼ぎによって左右されます。

給料はこんな感じのパーセンテージで決まります。

フリー(40%)

指名予約(50%)

自分で連れてきたお客さん(面貸し)(60%)

店舗によって多少上下すると思いますが、大体どこの美容室もこんな感じです。フリーのお客さんというのは、お店が集客して自分が担当したお客さんです。指名予約はそのまんまですね。面貸しは完全に自分で集客して呼んだお客さんです。面貸しの場合は料金も自分で設定してOKな場合が多いですね。例えるなら

フリーの指名なしでカット3000円のお客さんを担当した場合、自分の報酬は

3000円の40%=1200円となります。

これが指名予約になると

3000円の50%なので1500円が報酬になります。

 こんな感じで10時間働いていると1日の報酬が約12000円位になります。時給換算して1200円ですね!ぼくは指名のお客さんが少なかったのでこんな感じですけど、長く働いて自分のお客さんを多く持っているスタイリストは、1日平均20,000万円くらい稼いでいました。

簡単にまとめます。

会社に所属では、時給593円で15時間働き、1日あたり8888円

業務委託では、時給1200円で10時間働き、1日あたり12000円

あくまでもぼくの実体験です。業務委託のお店の方が圧倒的に楽でした。

練習、朝礼、終礼が無い

業務委託の美容室では練習、朝礼、終礼といった強制的に拘束する時間がありませんでした。

営業終わりの練習の時間が無いのは人によってはデメリットに感じるかもしれませんね。でも技術の向上なんて外部講習や自己練習をすれば良いだけでして・・・強制の練習時間は必要ありませんよね。さっさと家に帰ってYouTubeでも見よう。

業務委託の美容室のデメリット

メリットと同様に、ぼくが実際に働いて感じたデメリットをまとめます。

個人事業主なので確定申告が必要

確定申告とは、税金に関する申告手続きですね。

確定申告は手間がかかるので一見デメリットに思えますが、色々と上手くやれば節税に繋がるので、身に付けておいた方が良い知識です。特に将来独立するつもりなら税金関係は必須の知識ですね。

確定申告は難しく考えがちですが、美容室から受け取った書類を全部取っておいて税務署に行けばなんとかなります。売り上げが沢山あるトップの美容師は知り合いの税理士に依頼して上手くやっていました。

申し訳ありませんが、節税に関する知識は深く持ち合わせておりません。確定申告が近づいてくると、美容室からもなんとなくアクションがあるので、その時聞きながら進めれば大丈夫です。

確定申告に関しては、この程度の知識でも「どうにかなる」ということだけ感じてくれれば幸いです。

給料が安定しない

業務委託の美容室は完全歩合制なので自分の仕事量が少ないとモロに給料が減ります。給料の支払い方は美容室によって異なります。働いた美容室の中には日払いのところもありました。

出勤日数は自由に選択できるので、意識低いだらけて自分に甘い人はヤバいかもしれません。

ぼくの場合はマジで仕事をしたくなかったので、月に20日も出勤しませんでした。ヤバい時は12~3日しか出勤しない月も・・・。

出勤してもお客さんが少ない日はあんまり稼げません。働くお店は、集客がしっかりできている美容室なのか見極める必要があります。

技術を教えてくれる人がいない

これはデメリットに感じませんでしたが、一応書いときます。そもそも業務委託の美容室はスタイリストとしての技術が備わっているのが前提なので、美容室を運営している会社はスタッフの技術の向上については考えていません。

全てのメニューに対応する必要がある

業務委託の美容室で働くには、そのお店が提供しているサービス全てに対応する必要があります。

サイドシャンプーの店舗もあればバックシャンプーの店舗もありますね。他には、デジタルパーマを導入しているお店が増えてきているので、その辺も対応できるようになりましょう。

あとは個人的に苦手だったのはヘアセットですね。多かったのは結婚式の2次会やパーティー用のヘアセットです。

女性美容師は長い髪の毛の扱いに慣れていると思いますが、若手の男性スタイリストでヘアセットを得意とする人はかなり少ないのではないでしょうか?全てのメニューに対応しなければいけないので、これは要練習です。

業務委託の美容室はどういう人が働いているの?

業務委託の美容室ではどのような人が働いているのか、ぼくが見てきた中でお伝えします。

主婦

若くして家庭に入った主婦の女性美容師が働いていました。業務委託の美容室は契約によっては短い時間で働けるので、家事をする時間を確保しながら美容師の仕事を続けていけるようでした。時間を制限して働いている既婚女性美容師は数人見かけましたね。

自分の時間を作りたい若手美容師

これはぼくですね。会社に所属すると自分の時間が極端に少ないので、それが嫌で業務委託の美容室に移りました。業務委託の美容室に移ってメリットしか感じませんでした。好きな時に休めるし、自由に休憩していいし、給料増えるし。

普通の美容室で働いている時は、常に仕事を見つけて手を動かせって空気がありましたが、業務委託のスタッフはスマホでゲームしてるひとばかりでした。

自分のお店を開きたいと考えている美容師

これは業務委託で働く美容師に限りませんね。口だけでは将来自分のお店を持ちたいと語る男性美容師は沢山いましたけど、業務委託で働く美容師の人は具体性を持って行動を始めている人が多かったです。

業務委託では、自分のお客さんを外部に誘導するのが自由です。なので、委託でお客さんを集めておいて、独立したときに持って行くのが当たり前でした。ほとんどのお店で認められている行為です。

過去に店長を経験しているようなベテラン

ほとんどが35歳以下の美容師で業務委託のサロンは形成されています。しかし、40に近い美容師も業務委託の美容室で働いていました。

この人たちは、過去に店長を務めていたようなベテランで技術も一流です。なんで業務委託の美容室で働いているんだ?と思いましたが、恐らく独立するチャンスを逃したか、今でも水面下で活動をしている人です。

会社に所属しながらも休みの日にくる美容師

他の会社に所属しながらも、定休日に業務委託の美容室にバイト感覚で働きにくる人もいました。よっぽど暇なのか、お金が欲しいのか分かりませんが、体力あるなぁって思ってました。理解はできません。

ヘアメイク専門美容師のバイト

美容師としての仕事をメインではなく、ヘアメイクを本業としている人も仕事が無い日に働きに来ていました。これもバイト感覚でしょうか。良く言えば収入源の分散化です。

こんな美容師は業務委託で働くべき

ぼく個人は業務委託の美容室に移ってメリットしか無かったので、似たような考えの人は業務委託の美容室に移るのがおすすめです。これは間違いない。

  • 自由に美容師の仕事がしたい
  • 自分の時間が欲しい
  • 朝遅くに起きたい
  • 技術が通用するか確かめたい

今勤めている会社を辞めて、美容師から手を引くのを躊躇している人も業務委託がおすすめですね。時間に余裕が生まれるので、自分が何をしたいのか冷静に考えられると思います。

会社に所属している美容師のコミュニティは極端に狭く、その会社の常識が美容師の常識と認識してしまいます。業務委託の美容室では様々な美容師と触れ合えるので、自分の中の美容師の固定概念が変わると思いますよ!

美容師という職業を違う目線で見つめなおせるで視野が広がります。

まとめ

ぼくが業務委託で働いて感じたことを正直に書きました。インターネットには多くの情報が錯綜しますが、実際に経験したことを発信している情報はほとんどありません。そういった意味でも、この記事は多くの若手美容師さんの参考になると思います。

 

他にも何か質問等がございましたらLINE@ から声かけてください。分かる範囲ならなんでも答えます。世の中の美容師さんが「何に悩んでいるか?」を把握できるのでぼくも助かります。

友達登録はコチラからお願いします!

友だち追加

 

またね~