いっしー。の明るい社会の窓

ゆとり世代のマジキチブログ

ナンパした女の子が16歳だった話

f:id:issizzz:20171027162757j:plain

 私は帰って来た。いっしーです

 

この話はフィクションです。

 

これはぼくが22歳の時のお話。

日常

地元の友達数人といつもの感じでお酒を飲んでいました。

話題はいつも通り、最近GETした女の子→会社のグチ→将来の不安→タイでGOGOしたいって流れです。

毎回こんな会話を繰り返す飲み会、違いはタイがロシアになったりドイツになったりする位です。

2件目に移ろうと外に出ると、1人足りない・・・誰かが消えるなんてよくある事なので気に留めていませんでした。

おおかたピンクなサローンに行ってるか、道端で倒れてるかその辺でしょう。

 

そんな事を言ってると、失踪した彼から電話が・・・

「今女の子2人と居酒屋にいるからみんなもおいでよ!めっちゃ楽しいよ!!」

なぜその場所にいるのか、なぜ女の子といるのか、なぜ1人で楽しんでいるのか、全てが謎ですが、突拍子の無い行動はよくある事なので気にしません。

さっそく向かいます。

 

出会い

お店に行くと、失踪した彼と謎の女が二人。

盛り上がっているかと思いきや意外と静かでした。全然楽しそうじゃない。

話を聞くと、彼がタバコを買いに行った際声をかけたらしい、つまりナンパしたって事ですね。

それにしたってこの女の子達、なんか違和感を感じます・・・。

 

f:id:issizzz:20171027155411j:plain

1人は猫顔で明るい風のニャースちゃん。

やせ型で水商売っぽい服装、エクステで無理やりロングに見せる髪型。

そして何故かほっぺにピアスが付いていました。意味分かんない。

口や舌にピアスを開けるのは見た事あるけど、ほっぺって・・・

 

f:id:issizzz:20171027155427j:plain

もう1人は雪見だいふくを擬人化させた感じ。

小柄で少しもっちりした体系、決して太っている訳では無いけれど、肌がモチモチしている。服装は良くある感じで、緑のコートを着た金髪ボブ。

童顔に似合わない大量のピアス、口、眉、両耳、合わせて20は空いている・・・

 

明るい性格の「ニャース」 大人しい性格の「雪見」

服装も性格もバラバラの2人、共通点は同い年で吸うタバコが赤マル、そして2人共大量のピアス。

 

正直ヤバい感じしかしない、なんつー女に声かけてんだ・・・。

 

乾杯

ニャースは梅酒のロック、雪見はカシスオレンジ。2人共ひたすら同じ注文しかしません。

甘いお酒を飲むのは女の子らしくて可愛いんですが、こいつら飲み方がオカシイ。

口を付けずに放置するか、一気飲みするかの2択しか無い。普通にちょびちょび飲むって事が出来ないようです。

しかも飲むペースが速い・・・2人共忘れたい事があるかの様にアルコールを流し込んでいきます。

 

f:id:issizzz:20171027155451j:plain「そういえば何歳なの??」

f:id:issizzz:20171027155503j:plain「ふふ、何歳に見える~?」

f:id:issizzz:20171027155451j:plain「いやマジで分かんないんだけど、同い年(22)位じゃない??」

f:id:issizzz:20171027155503j:plain「ふふふ、違うよぉ~」

f:id:issizzz:20171027155451j:plain「えっマジ?何歳??」

f:id:issizzz:20171027155503j:plain「同世代では無いなぁ~」

 

マジで見た目年齢が不明すぎる2人

子供が無理してメイクしているようにも見えるし、童顔な大人がヤケ酒をしているようにも見えました。

でも同い年位じゃ無いと言われたな・・・年下なら19か20歳・・・?年上だとしたら25位か・・・見えなくも無いけど・・・?

 

普通に考えれば分かりそうなもんですが、彼女たちの見た目では本当に分かりませんでした。

20か25で2択ならこれはきっと25歳。ニャースの肌からはフレッシュな感じがしません。

 

という事でぼくは勝手に彼女たちを年上と位置づけていました。

年上だから年齢を気にしてはぐらかしてるのかな?と一人納得したつもりで。

 

接近

ニャースは何故かぼくの事を「ダンテ君」と呼びます。お気に入りのyoutuberに似ているからと。

当時のぼくは「ダンテ」と言われても「ダンテ・カーヴァー」か「デビルメイクライ」しか思いつかなかったので大人しくスルーしておきました。

 

f:id:issizzz:20171027155633j:plain

 デビルメイクライ主人公「ダンテ」

 

f:id:issizzz:20171027160023j:plain

当時のぼくは髪色だけはデビルメイクライでした。

 

f:id:issizzz:20171027155752p:plain

youtuber PDSKabushikiGaisha(ダンテ)

は?なんこれ?1ミリも似てねーじゃん。しかし彼女の眼には似ている様に映っていたようです

 

そしてニャースはぼくの事を気に入ったかのような素振りを見せます。

f:id:issizzz:20171027160141j:plain「ダンテ君かっこいいー!イケメン!!」

f:id:issizzz:20171027155451j:plain「マジ?ありがとう!イケメンなんておばあちゃんからしか言われた事無いわ!」

ていうかさっきからボディタッチが激しい、明らかに酔っています。

 

そろそろ次の店に移ろうかとお会計へ、ニャースと雪見は財布すら出しません。

2人共ペロペロに酔いまくっています、毎回イッキ飲みしていたので仕方ありませんね。

 

みんなに次の店適当に決めておいて~と伝えぼくはコンビニへ向かいました。

もしかしたらもしかするので、お金を降ろしておこうと思っての行動です。

 

するとニャースも一緒に着いてきました、これはもしかするパターンです。どちらが誘導した訳でも無く、自然な流れでHOTELに入っていきました・・・。

いや、今思えばぼくが少し誘導したと思う。でも自然な流れだったのは、ニャースもソレを望んでいたからだと思います。

 

HOTEL

部屋について一息ついていると、ニャースの様子がオカシイ。

ついさっきまで

f:id:issizzz:20171027160141j:plain「どの部屋にするー??何この部屋ヤバい!ベットの上にカーテンついてるじゃん。お姫様みたい!!」

テンション高く話していたのに、急に静かになり、挙動不審で目が泳ぎまくっています。

 

強烈な違和感を感じたぼくは、ニャースに質問しました。

 

f:id:issizzz:20171027155451j:plain「・・・マジで何歳なの?」

 

f:id:issizzz:20171027155503j:plain「・・・・・・16歳」

 

f:id:issizzz:20171027155451j:plain「・・・マジ?」

 

f:id:issizzz:20171027155503j:plain「マジ・・・はい。これ」

 

ニャースが財布の中から見せて来たのは保険証・・・そして彼女は本当に16歳でした。

っていうかコイツ財布の中に小銭しか入ってねーし・・・。

 

ぼくが感じた強烈な違和感の正体は、ガチっぱい援助交際のエロ動画に見受けられる、「あどけない笑顔の中に不安が混じったようなあの表情」をニャースの中に見たからでした。

 

ぼく22歳、16歳ニャース系女子と深夜にHOTELで二人きり。

 

ヤバい、これはヤバすぎる・・・

 

つづく。

またねbyいっしー

 

続きを書きました。

www.issizzz.com