いっしーの明るい社会の窓

ゆとり世代のマジキチブログ

ぼくは「イケメン」では無いと知った日

f:id:issizzz:20170917215736j:plain

私は帰って来た。いっしーです

薄々気がついてはいるけど、認めたくない事ってのが人にはあります。

ぼくはそれが自分の顔でした。

いわゆる「モテ男」の様な経験は無いけど、ぼくだってまぁまぁイケてるはず。

バレンタインでチョコを貰ったり

第2ボタンをねだられたり

他校の女子がわざわざ見に来たり

逆ナンされたり・・・

上記の出来事は一切無かったけど、まぁまぁ悪くないはず。

ほら、お風呂上り鏡に映る自分の顔はイイ感じですし。

まだ本気出して無いだけ、でもそろそろ本気出しても良くない?それともオッサンになるまでモテ期温存してるのかな??

でも気が付いてしまった

いつものように渋谷の夜に繰り出しました。

その日は「イケメン」と呼ばれる後輩と一緒にクラブへ。

今日のターゲットを定めていると、チラチラこちらを見てくる女の子が数名。

「(えっ・・・おれに気があるのかな??)」

勘違いしながら酒を飲んでいると、女の子がどんどん後輩に声をかけてきます。

いくらクラブでも、女の子から声をかけてくるなんて滅多にありません。

あるとしても、酒目当てでたかってくるクソ野郎くらいです。

 

女「ねぇ何してるのー?」

後輩「お酒飲んでます・・・。」

女「へぇー?それ何飲んでるの?ひとくち頂戴♪」

後輩「あ・・・はい、どうぞ。」

 

いっしー「(おいおいおいぼくもいるんですけどォー??ん~?見えて無いのかな???ぼくが飲んでるのはSEXオンザビーチですけどぉ~???)」

 

なんだか気まずくなったぼくは、二人の世界を邪魔しない為にハンティングに出ます。

 

弱肉強食、それがナンパ

ナンパの世界は残酷です。

ぼくのハイパーコミュニケーションをもってしても5人に1人会話が盛り上がればいい方です。

そしてベッドに繋がるのはまた一握り・・・。

とにかく玉砕覚悟で声をかけまくるしか無い、その場の全て活用し相手を楽しませる事に全力を尽くせ!ピエロになったって良い!!先っちょが入ればこっちの勝ちなんだ!!!

もちろんメンタルは削られます、しかしそんな事は気にしたら負けなのです。

ひとり寂しく左手でイシニー?ダメだ、出せるシイセーの量は限られている。

虚しくティッシュに出された彼らの気持ちを考えた事はあるか?

 

シイセー「あぁ・・・こんな所に出されるなんて・・・」

 

ティッシュが墓場なんて彼らの魂は救われない。

賢者タイムの罪悪感は、成仏出来なかった彼らに対して感じているのです。

 

今夜も一筋縄ではイかないぜ・・・と思っていた時、サイコーにマブい外人が現れました。

これはイくしかない・・・!

f:id:issizzz:20170917220710j:plain

右が特に下半身に来るものがある

結論から申し上げますと、少し盛り上がったもののナンパは失敗しました。

メンタルも限界に近い・・・少し休憩しに後輩の元へ戻ります。

するとそこには目を疑う光景が・・・!

 

後輩、ぼくが狙ってた外人に逆ナンされてるやん

 

そこで知ったね、所詮この世は「※イケメンに限る

いや分かってたんだけどさ、分かってたんだけど・・・やっと現実と向き合いました

「やっぱりぼくって、イケメンじゃ無いんだな・・・」ってさ

 

(後日後輩は外人と飲みに行ったけど、進展は無かった模様)

 

世の中のイケメンは全員敵

世の中のイケメン達は何もしないで女の子が寄ってくる・・・これはあまりにも不公平です。

この日ぼくは自分に誓いを立てました。

「イケメンに負けない位に女の子とセッションしてやる・・・顔が武器にならなければトーク、ファッション、立ち振る舞い、この世の全てをフル活用して戦ってやる!全面戦争じゃあああああああ!!!!!

 

極たまに、ぼくのツラをまぁまぁと言ってくれる人もいるんですが、そんな言葉はいらないのです。

ぼくが「イケメン」だとしたらこんな人生は歩んでいないのです。

世の中は結果が全てなのです。

イケメンの後輩は、何もしなくても女の子が寄ってきます。

ぼくにはマルチ勧誘しか来ません。

この事実は不変なのです、聖戦は続いています。

ぼくはまだ剣を置いていません。ギンギンです。

 

またねbyいっしー