いっしー。の明るい社会の窓

ゆとり世代のマジキチブログ

自分で経験した記事じゃないと魂は入らない話

f:id:issizzz:20170712172813j:plain

こんにちは、ゆとり代表いっしーです。

ぼくは何事も「自分の目で見て、自分で体験する事」を大事にしています。

なぜなら、自分で体験した出来事じゃないと、記事に魂を込める事が出来ないから。そして、自分で体験したこと以外は批判するべきじゃ無い思う。

サラリーマン経験が無い

ぼくにはサラリーマン経験が無い。専門学校を卒業後、美容室に就職したからだ。

だから「サラリーマンなんてクソ!雇われている間は会社の犬!社畜どもよ、リストラに怯えつつ鎖に繋がれた一生を送るがいい!」なんて発言は出来ない。

美容師経験はある

だけど同年代の美容師に対して、「君いつまで美容師続けるの?自分のお店が持ちたい?会社内で成り上がりたい?カリスマになりたい?ほーん。将来のビジョンはあんのけ?お店はどのエリアに作りたいの?ターゲット層のリサーチは?独立予定は何歳?開業資金は?今後のビジョンが無いなら美容師辞めた方がいいんじゃない?40歳になっても現場でプレイヤーで居たいなら別だけど、なにも考えずに年齢を重ねただけの美容師の末路は悲惨だよ?俺達には学力も無いし、他の業種で通用するスキルなんて皆無だ。一生現場に立ちたい?構わないけど、50歳で雇われの美容師やるの?給料は今と変わらないし体力も落ちていく一方だぞ?」って発言は出来る。

なぜならぼくは美容師を経験したから。

紹介記事だって同じ

自分で利用したり、行ったり、見たり、食べたり、遊んだりするからこそ、記事に魂が入る。

「良かった点」「悪かった点」を自分の言葉で語らないと、読者の心を動かす事は出来ない。

Twitterだって同じ

何番煎じか分からないような意識高い系のコメントを流してる人、そんな薄っすい戯言垂れてないで、自分の実体験をもとにした記事上げてくれます?

言葉じゃなくて行動で示して欲しいです。口じゃなくて背中で語って下さい。誰も付いていきませんから~残念!

ぼくも経験で語ってみる

突然だが、ぼくは用を足す時「立ちションスタイル」だ

しかし、世の男性陣の中には小の場合でも「座りションスタイル」の人も存在する。

f:id:issizzz:20170712172840g:plain

(出典:TOTO2009年度アンケート

年を追うごとに「座りションスタイル」の男性は増えているようだ。2009年度のアンケートで33.4%の男性が「座りションスタイル」と答えている。現在2017年では更に増えている事が予想される。

ぼくとしては、座って用を足すなんて男の威厳も損なわれたものだ。とすら思う。しかし、自分で経験していないのに批判するのは違う、魂が入っていない。

経験していないのに、「座りションスタイル」を批判するのはポリシーに反する行為だ。

こうしてぼくは、一週間ほど前から「座りションスタイル」で過ごしてみたので所感を語ろうと思う。

実験開始

意図して「座りションスタイル」を実践するのは初めてだ。

初体験の感想は

「牙を抜かれたライオンの気持ち」

なぜこんな感想を抱いたのか、本人にも分からない。しかし素直に心に浮かんだのがこの感想なんだから許してくれ。経験してみれば君にも分かるだろう。

言っておくが、ぼくは親知らずしか抜いた事は無いし、一応人間だ。

「立ちションスタイル」の場合はチャックを下してミニイッシーを外出させるだけで済むので、パンツを下す工程が増えるのが面倒だ。そしてミニイッシーを見かける頻度が減るので、少し寂しい気もする。

あと朝、ミニイッシーが覚醒状態だと、予期せぬタイミングでダブルビームライフルになる場合がある。この場合精密なコントロールが要求される。しかし「座りションスタイル」だと誤ってダブルビームライフルを暴発させる心配は無くなるので、その点は安心だと思った。

f:id:issizzz:20170712173658j:plain

ダブルビームライフルはカッコいいけど、額のハイメガキャノンは好きじゃない。

まとめ

「座りションスタイル」のメリット

  • 跳ね無いので掃除が楽
  • ダブルビームライフルの暴発が防げる
  • なんとなく女子の気持ちが分かる

デメリット

  • パンツを下す動作が面倒
  • ミニイッシーと対面する回数が減って少し寂しい
  • ライオンが牙を抜かれたような気持になる

結論

 

どっちでも好きにしてくれ

 

またねbyいっしー