いっしー。の明るい社会の窓

ゆとり世代のマジキチブログ

人生で初めて渋谷のクラブに行った話

f:id:issizzz:20170705210514j:plain

私は帰って来た。ゆとり代表いっしーです

これはぼくがまだ「クラブマスター」になる前の物語

初めてのクラブデビュー

上京して始めてクラブに行った時、当時20歳の話です

存在は知っていましたが、岩手の広大な自然の中で育ったぼくはクラブについては何も知りませんでした。

なんでも自分の目で見て体験しないと気が済まないぼくは、同じタイミングで上京してきた友人と2人でクラブの聖地、渋谷に向かいます。

クラブの聖地 渋谷

f:id:issizzz:20170705210844p:plain

渋谷には数多くのクラブが存在しています

それぞれの箱に特徴がありますが、渋谷のクラブは総じてチャラい事だけは間違いありません。

事前情報として【ATOM】というクラブが1番盛り上がるという事だけは聞いていました。

日本で1番若者が集まる街、渋谷。

その中でも1番盛り上がるクラブということは、日本で1番盛り上がるクラブと言っても過言ではありません。

期待に胸を膨らませて渋谷【ATOM】に向かう・・・

ATOM

f:id:issizzz:20170705210909j:plain

強面セキュリティーからボディチェックを受け、いざクラブの中に入るとそこは異次元の世界が待ち受けていました。

爆音で流れるEDM

テキーラ片手に踊り狂う男女

暗闇を切り裂くレーザー光

人の密度がヤバすぎる、しかも全員酔いまくってるし勢いがハンパじゃない・・・

まだおにぎりシャイボーイだったぼくは、非現実的な世界に圧倒されて大人しくしていました。

 

すると、目の前に2人の女性が

色白で大人しい感じの子とギャルでガタイがいい子。

ギャルがぼくに話かけてきました。

 

ギャル「ねえねぇ、私の友達が君の友達カッコいいって言ってるんだけど」

f:id:issizzz:20170705211206j:plain「あっそうなんだ。よかったら話してみる?伝えてあげるよ!」

 

どうやら大人しい子がぼくの友人に興味があるらしい

こういう時に大事なのはチームプレーです。

ぼくがギャルの相手をして、その間に友人が大人しい子をGET出来れば作戦成功です。

 

ギャルの子は残念ながらぼくの好みのタイプではありませんでした。

強そうか弱そうかで判断すれば、強そうだし

大きいか小さいかで聞かれれば、かなり大きい

土属性か水属性かで聞かれたら、明らかに土属性側の人間

進化する前か進化後で判断するなら、明らかに完全体に進化しています。

イメージで伝えるとポケモンのゴローニャがふさわしい体系です。

f:id:issizzz:20170705211206j:plain「ゴローニャ普段は何してるの??」

f:id:issizzz:20170705211239p:plain「ショップ定員だよ!普段はマルキューで働いてるの」

 

渋谷のクラブでショップ定員との遭遇率は異常に高いです

彼女らは次の日仕事でも関係なく毎晩飲み歩いてクラブに顔を出しています。

ふと友人を見てみると腰に腕を回してかなりいい雰囲気になっています。

なんと唇を奪う所まで進んでいる、これは初陣にて作戦成功だぞ!!!

 

しかし問題はゴローニャです、なぜか彼女はぼくに対して好意を抱いてくれています。

f:id:issizzz:20170705211206j:plain「・・・・・」

f:id:issizzz:20170705211239p:plain「・・・・・」

そんな目で見つめられても困る。

 

横で友人がちゅっちゅ

正直クソ羨ましい・・・。

友人の子の方が可愛いからです。

しかしぼくの目の前にはゴローニャ。

再度言いますが、ここで大事なのはチームプレーです。

いくらゴローニャと言えども、目の前に居るのは一人の女性という事に違いはありません。

ゴローニャ♀です。

ぼくは紳士です、女性の期待に応えられない男は紳士とは呼べません。

紳士たるもの、世の中の女性は全員お姫様の様に扱わなければならないのです。

 

ゴローニャに顔を近づけてみると、物凄い勢いでぼくの唇を奪ってきました。

餌かよ

それはもう凄かった、もうベロンベロンにやられました。

ぼくは紳士です、ここは期待に応えます。

 

ぼくもベロンベロンにやり返した。

 

口の中に何か違和感がありました・・・

なんとゴローニャ舌にピアスを開けていたのです。

ゴローニャ:タイプ 岩 に はがね が追加された瞬間でした。

朝5時 ATOM閉店

ゴローニャとキャッキャウフフしていると閉店の時間です

友人たちは当然のように手を繋いだまま何処かに行ってしまいました。

仕方なくゴローニャと2人で歩いていると、偶然か必然なのか、気が付くとぼくはラブホテルの入り口に立っていました。

恐らくゴローニャはポケモンGOする気満々です。

しかし、ぼくの2つのモンスターボールは最後の最後まで迷っていました。

f:id:issizzz:20170705211206j:plain「紳士たるもの女性の期待に応えられない男はダサい」

というプライドと

f:id:issizzz:20170705211206j:plain「ゴローニャだぞ!?しかも部屋代は恐らく俺持ちだろ!?ゴローニャだぞ!?」

この狭間で答えを出せないでいました・・・。

 

一流の紳士になった今でこそ言えますが、ここで迷っている時点で紳士失格です。

華麗にエスコートしてポケモンGOしか選択肢はありません。

 

そしてぼくが下した結論は

f:id:issizzz:20170705211206j:plain「駅ってどっちだっけ?」

f:id:issizzz:20170705211239p:plain「えっと・・・この道まっすぐ行って左だけど」

f:id:issizzz:20170705211206j:plain「OKありがと!今日は楽しかったよ!ありがとね!お疲れ!!(早口)」

 

ラブホの入り口から全力ダッシュして逃げてしまった

 

ゴローニャを野生に放ってぼくは逃げました。

無理です、だってゴローニャですもん。

 

ここからぼくのクラブマスターへの旅が始まりました。

数々のジムリーダーを倒し、今では立派な紳士になれたと思います。

 

またねbyいっしー。