いっしー。の明るい社会の窓

ゆとり世代のマジキチブログ

無責任で残酷な言葉「まだ若いから大丈夫」

f:id:issizzz:20170627190549j:plain

こんにちは、ゆとり代表のいっしー。です 

先日ぶらりぼっち日和の(id:hitomishiriman)さんがこんな刺激的なエントリーを書いていました。

彼には仕事が嫌いな同世代という事で勝手に親近感を感じている。

hitomishiriman.hatenablog.com

今回のテーマは

「もう25歳orまだ25歳」という件について。

 

ぼくの意見を本音で言うと

完全に「もう25歳」側の人間だ

この問題に対して答えなんて無いし、各々が自分の意見を持っているだろう。

他人の考えを否定するつもりは一切無いし、みんな好きに生きればいいと思う。

目上の方々は口をそろえて、「まだ若いから大丈夫」と言ってくれる。

しかし、ぼく自身は25歳という年齢に対して非常に焦りを感じている。

いつまでたっても大人になれない

中学生の時「あぁ~高校生って大人なんだろうな~」

高校生の時「あぁ~20歳って大人なんだろうな~」

成人式の時「あぁ~25歳って大人なんだろうな~」

25歳現在「あぁ~中身は中学校の時から変わんないな~」

 

いや、これやべーだろ

 

このままいけば確実に30歳でも同じ事言ってる自信あるわ

全ては自己責任

自分に起こる現象は全て自分の行動から生まれる、ぼくが今の生活に満足していないのは過去の自分が悪いからだ。同級生は東大に行ったり、教師だったり、仕事を楽しむエンジニアだったり、家族が居て子育てに奮闘している。

一方ぼくには何がある?美容師の技術は全て身に着けたがそれがなんだ?今は毎日パソコンを目の前にしているただのニートだ。社会的地位も誇れるほどの貯金も無い。

 

この現状で「まだ25歳だから大丈夫、焦る心配は無い」なんて自分に言えない。

20代で結果を出したいと強く思う

ぼくは20代のうちに結果を出すことに強く拘りを持っている。

20代での成功こそ価値がある。20代の365日と30代の365日は価値が違う。

もうすぐ26歳になるのであと4年しか猶予は無い。

 

でもでもでもでも絶対的に働きたくない。

土日だけが楽しみなサラリーマンになんて絶対になりたくない。

毎朝憂鬱な朝を迎えるなんて耐えられない。

他人に媚びを売り続けるなんて脳みそが溶けちまう。

 

嫌だ、絶対に働きたくない。社会の歯車になんかなりたくない。

じゃあどうする?考えろ考えろ考えろ考えろ考えろ

今本気を出さなければ後悔する

何も考えずに生きるのはとても楽だと思う。しかし何にも残らない。

30歳の時になって

「あぁ~何も考えずに生きて来たから、俺に何も残らないのはしょうがないよな~。」

と、諦めるのか

「25歳の時から自分がどういう30歳になりたかったのか、しっかり考えれば良かったな・・・」

と、後悔するのか

ぼくは絶対に後者を考えると思う。間違いなく後悔する。

 

じゃぁどうする?25歳の今、本気で行動するしかない。

 

またねbyいっしー。